煙草は女性の髪に悪影響?臭いだけじゃない

身体には悪いとわかっていてもなかなかやめられないのが喫煙の習慣です。女性にとって喫煙のデメリットは、髪の毛に嫌な臭いがつくことが真っ先に思い浮かびますが、それだけではありません。

煙草は女性の毛髪に悪影響を与え、薄毛や脱毛の原因となっています。具体的にどのような影響があるのか知っておくことが必要です。

ハーバード大学による研究で、煙草を吸うと高い確率で特定の男性ホルモンが増えることが分かりました。この男性ホルモンには皮脂をたくさん分泌させる性質があり、過剰な皮脂で毛穴が詰まって、脱毛を促進させてしまいそれが薄毛の原因となってしまいます。

ニコチンは髪を美しく丈夫に保つエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌を妨げたり、体内で分解させてしまったりする働きもあります。煙草は女性のホルモンバランスを崩す大きな原因となっています。

また煙草に含まれているニコチンには、血管の収縮を促す作用があります。喫煙の経験がある人ならば、煙草を吸った後に指先が冷たくなるのを感じたことがあると思います。

頭皮にも同じような影響があり、ニコチンは血管を収縮させて頭皮の温度を下げ、結果として血行が非常に悪くなります。髪をつくる毛母細胞と呼ばれる細胞への血流が悪くなると、頭皮の状態が悪くなり、髪の毛に悪影響が出ます。そして血流が悪くなると発毛や髪の成長に必要な栄養素が十分に頭皮にいきわたらなくなります。

また煙草を吸うこと体内には活性酸素が発生します。体内に発生した活性酸素を取り除くために体内のアミノ酸やビタミンCが奪われて、不足してしまいます。頭皮のビタミンCやアミノ酸が不足すると、頭皮の老化のスピードが加速してしまうのです。

女性の髪への悪影響を食い止めるために禁煙を決意しても、本人の我慢だけではななかなか禁煙は難しいものです。ストレスを溜めすぎないように禁煙パッチや禁煙外来の助けをかりて、上手に禁煙を成功させましょう。

コーヒーやコーラのカフェインは髪に悪影響?

若い時に暴飲暴食しても翌日になるとしっかりご飯を食べた記憶をお持ちの方は多くいます。しかし20代を過ぎたあたりからお酒も翌日に持ち越し頭が痛くなったり、脂っこい物がいつまでも胃の中にあり朝食さえ食べられなくなってくる方はとても多いです。

自分では意識しないうちに身体はどんどん悪影響を受けているので、気付いた時からの生活改善がお勧めです。肌や髪にも大きな影響を及ぼしてしまい取り返しがつかない事になってしまいます。

頭皮は特にホルモンバランスが大きく影響しますし、摂取した食物からの影響もかなり大きい物です。刺激物も含め辛い物やコーヒーやコーラに含まれるカフェインも体に相当な負担が掛かります。

若いうちにコーヒーやコーラをがぶ飲みして居た方は要注意です。しかし嗜好は中々変える事は出来ないので1日に何杯もコーヒーを飲まれる方はせめてお茶に切り替えるように心掛けるようにします。コーラやジュースも中々止めようとしても癖になっている方が多くきっぱりと止める事は大変難しいとは思いますが、30代、40代になってくると頭皮への影響が明らかとなりますので意識して止める事が賢明と言えます。

今はコーヒーでもカフェイン抜きの物も多く売られていて、味も変わらない物が多く販売されていますし、どうしても飲みたい時は1日1杯と決めてミルクを同時に取り胃への負担を減らしてあげる事をお勧めします。街中に出るとコーヒーショップが沢山在り立ち寄りたい衝動に駆られる物ですが、せめてカフェラテにする事でカフェインは約半分に減らす事が出来るのです。

いつまでも健やかな髪を保つ為には小さな心掛けが大事ですし、刺激物を摂取しない事によって頭皮環境も良くなり、髪が成長しやすい環境を作ってあげる事を考えてみます。コーラも勿論大量にカフェインを含んでいますので、代わりになる飲み物は在りませんので諦める事をお勧めします。

代用品にはなりませんが緑茶やほうじ茶に切り替える事で食事が大変美味しくなると言うメリットが付いています。

生活環境の改善で育毛効果アップできる?

薄毛の人は、日頃の生活環境を見直すことから始めなければなりません。

遺伝だからと諦めてしまう人も多いようですが、実際には遺伝的要因よりも生活環境によって症状が引き起こされていることが多いので、髪の毛に良くない生活環境を改善させることができれば、丈夫な髪の毛を生成したり成長させたりすることができる可能性もあります。

髪の毛に良くない生活環境として真っ先にあげられるのが睡眠不足や睡眠の質の悪化です。髪の毛を成長させる際には成長ホルモンの働きが深く関わっているのですが、その成長ホルモンがたくさん分泌されるのが夜寝ている間です。特に夜10時から翌朝2時までの4時間はたくさん分泌されるといわれていますので、その時間帯に寝ていることが大切です。

ただし、ただたくさん寝れば良いというわけではなく睡眠の質を向上させなければ分泌量を増やすことはできませんので、快眠を得やすい環境づくりを行うことが大切です。

快眠のために覚えておきたいことは、日中に日の光を浴びたり体を動かして交感神経を刺激するということです。交感神経を優位にする時間帯を作ることで、寝る頃になると自然に副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になるということはリラックスしている証拠ですので、質の良い眠りが得られるはずです。

また、タバコを吸う人は喫煙本数を少しずつ減らしていく努力も必要です。タバコは血管を収縮させますので、せっかく摂取した栄養素がきちんと毛母細胞まで届かなくなります。長年喫煙習慣のある人は止めることが難しくなっているケースもありますので、医療機関などを上手く利用することが重要です。

その他、運動不足の人は全身の血行が悪くなりますので、頭皮の血流も悪化します。血流を改善すれば栄養素が隅々まで届くようになりますので、育毛に効果的です。

生活環境に問題のある人は、それを改善するだけで髪の毛の成長を促すことができますし、健康の維持にも役立ちます。

頭皮にフケ・痒みが多い時の対処法

健康な髪の毛を作りたい時には、頭皮のコンディションを整えなければなりません。フケが出ていたり痒みを感じたり赤みが現れている時には頭皮が何らかのトラブルを起こしていますので、適切なケアが必要です。

フケがたくさん出ていたり、痒みを感じることが多いという場合には、シャンプーで皮脂を奪い過ぎてはいないかを確認しなければなりません。シャンプーでは頭皮に付着した汚れや皮脂をきちんと落とさなければなりませんが、洗浄力が強すぎるとバリア機能を保つために必要な皮脂まで奪ってしまいます。

そうなれば、頭皮は乾燥してフケが出てきますし、外的刺激に対しても非常に弱くなっていますので、ちょっとしたことに反応してしまいます。髪の毛の成長が弱々しかったり、生成される本数よりも抜ける本数が多いという人は、一度見直した方が良いかもしれません。乾燥も、一時的な症状なら影響は少ないのですが、ずっと続くようでは薄毛や抜け毛の原因になってしまう恐れがあります。

また、皮脂の分泌量が多い人でもフケが見られることがあります。この場合は、分泌された皮脂をこまめに取り除くことが必要であり、分泌量を抑えるためのケアも重要です。皮脂の分泌量は育毛剤でも抑えることができます。

元々脂症の人は顔だけでなく頭皮にも皮脂が分泌されやすいので、食生活や生活習慣を見直すことも忘れてはいけません。どんなに外側からケアを行っても、皮脂の分泌量は体の内側から促されるものですので、内側からのケアも同時に行わなければ効果は限定的です。

フケや痒みに気付いた時には、髪の毛の状態を一度チェックしてみることが大切です。頭皮に何らかの異変が生じている時には、髪の毛にも影響が現れていることが多いものです。

健康な土台作りを目指す時には日頃のシャンプー方法をチェックし、必要があれば育毛用の優しいシャンプーに切り替えます。また、皮脂分泌などの表立った原因がある場合には、必要な成分の含まれている育毛剤でケアを行います。

生え際が後退してきた…女性でもM字ハゲになる?

M字ハゲと聞くと男性を思い浮かべる人も多いですが、実は女性でも発症する人がいます。生え際が後退してきたような気がする、と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、男性に比べてM字ハゲはとても例が少ないです。女性は、生え際よりも頭頂部が薄くなりやすいため、生え際が薄くなる人はごく少数だということができます。しかし、全く発症しないというわけではないので注意しましょう。

女性の髪の特徴としては、年齢を重ねるごとに全体的に薄くなっていき、ボリュームが無くなっていくという点が挙げられます。男女で髪のメカニズムが異なっているため、薄くなっていく過程も異なってくるのです。その点では、男性は生え際から後退していくことが多いという特徴があります。

M字ハゲの主な原因は、男性ホルモンの影響です。男性ホルモンのバランスが崩れたり現象してしまうことによって起こります。そのため、女性は生え際が後退することは少ないのです。しかし、加齢によって症状が進行してしまったり、パーマやカラーリングが原因で引き起こしてしまうこともあります。

また、男性に比べてストレスや生活習慣、栄養状態が大きく関係してくるので、生活習慣を見直すことも重要となってきます。また、極端なダイエットをすることによって栄養バランスが崩れ薄毛が進行することもあるので、きちんと栄養をバランス良く摂ることが重要です。栄養バランスが崩れることによってホルモンバランスが崩れて、生え際の後退を促すこともあります。その他にも、閉経によってホルモンバランスが崩れてM字ハゲを引き起こしてしまうという人も多いです。

さらに、長いあいだゴムで強く縛るような髪型をしていたり、カラーリングやパーマを何度も繰り返したりしていると、生え際が弱くなってしまうこともあります。髪と皮膚を引っ張りすぎるヘアスタイルを頻繁に行なう、何度も強く髪を染めるという人は注意しておくと良いでしょう。

頭皮が脂っぽくベタつく・赤みを帯びている

頭皮が脂っぽくベタつく・赤みを帯びている、などが気になったときには、爪で頭皮を傷つけていたり、皮脂の分泌量が増えていたり、といったことが考えられます。AGAが直接の原因でなかったとしても、AGAによる薄毛を加速させる原因となる可能性はありますので注意が必要です。

赤みがあって脂っぽくなったり、べたつくときには、脂漏性湿疹の可能性もあります。また、シャンプーの原液をそのまま使って洗ったり、すすぎ残しがあったりすると成分が残ってしまうため、その影響で湿疹ができたり、赤くなったりすることがあります。また、紫外線の影響も考えられます。頭皮も紫外線を浴びれば日焼けします。その結果、炎症がおきたり、乾燥したり、フケが増えるなどの症状が起きることがあります。

AGAは進行性の脱毛症ですから、頭皮の状態が悪いと抜け毛が増えたり、血行が悪くなって症状が悪化したりすることが考えられます。また、頭皮の状態が悪いまま育毛をしても効果は薄いため、結果も期待できません。
まずは頭皮の環境を改善しましょう。

脂漏性湿疹のときには、自分で治すのは難しいですから皮膚科へいきましょう。脂漏性湿疹そのものも薄毛の原因になりますので放置はいけません。

また、脂っぽくなっているからといって、乱暴に洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりするのは避けましょう。皮脂も頭皮にとっては大切なものであるため、取り過ぎてしまうと過剰に分泌されるようになります。マイルドな洗浄力のシャンプーを使って、正しく洗うことが必要です。べたつくからと洗浄力の強いシャンプーを使ってゴシゴシ洗っていると、さらに脂っぽくなってしまう危険性があるので、早めに改善しましょう。

また、洗髪後に自然乾燥されている方は要注意です。湿っている時間が長くなるために雑菌が繁殖し、その影響で頭皮の状態が悪くなっていることも考えられるからです。洗髪後は手早く乾かしたほうが良いですから、自然乾燥はやめましょう。