生活環境の改善で育毛効果アップできる?

薄毛の人は、日頃の生活環境を見直すことから始めなければなりません。

遺伝だからと諦めてしまう人も多いようですが、実際には遺伝的要因よりも生活環境によって症状が引き起こされていることが多いので、髪の毛に良くない生活環境を改善させることができれば、丈夫な髪の毛を生成したり成長させたりすることができる可能性もあります。

髪の毛に良くない生活環境として真っ先にあげられるのが睡眠不足や睡眠の質の悪化です。髪の毛を成長させる際には成長ホルモンの働きが深く関わっているのですが、その成長ホルモンがたくさん分泌されるのが夜寝ている間です。特に夜10時から翌朝2時までの4時間はたくさん分泌されるといわれていますので、その時間帯に寝ていることが大切です。

ただし、ただたくさん寝れば良いというわけではなく睡眠の質を向上させなければ分泌量を増やすことはできませんので、快眠を得やすい環境づくりを行うことが大切です。

快眠のために覚えておきたいことは、日中に日の光を浴びたり体を動かして交感神経を刺激するということです。交感神経を優位にする時間帯を作ることで、寝る頃になると自然に副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になるということはリラックスしている証拠ですので、質の良い眠りが得られるはずです。

また、タバコを吸う人は喫煙本数を少しずつ減らしていく努力も必要です。タバコは血管を収縮させますので、せっかく摂取した栄養素がきちんと毛母細胞まで届かなくなります。長年喫煙習慣のある人は止めることが難しくなっているケースもありますので、医療機関などを上手く利用することが重要です。

その他、運動不足の人は全身の血行が悪くなりますので、頭皮の血流も悪化します。血流を改善すれば栄養素が隅々まで届くようになりますので、育毛に効果的です。

生活環境に問題のある人は、それを改善するだけで髪の毛の成長を促すことができますし、健康の維持にも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です