生え際が後退してきた…女性でもM字ハゲになる?

M字ハゲと聞くと男性を思い浮かべる人も多いですが、実は女性でも発症する人がいます。生え際が後退してきたような気がする、と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、男性に比べてM字ハゲはとても例が少ないです。女性は、生え際よりも頭頂部が薄くなりやすいため、生え際が薄くなる人はごく少数だということができます。しかし、全く発症しないというわけではないので注意しましょう。

女性の髪の特徴としては、年齢を重ねるごとに全体的に薄くなっていき、ボリュームが無くなっていくという点が挙げられます。男女で髪のメカニズムが異なっているため、薄くなっていく過程も異なってくるのです。その点では、男性は生え際から後退していくことが多いという特徴があります。

M字ハゲの主な原因は、男性ホルモンの影響です。男性ホルモンのバランスが崩れたり現象してしまうことによって起こります。そのため、女性は生え際が後退することは少ないのです。しかし、加齢によって症状が進行してしまったり、パーマやカラーリングが原因で引き起こしてしまうこともあります。

また、男性に比べてストレスや生活習慣、栄養状態が大きく関係してくるので、生活習慣を見直すことも重要となってきます。また、極端なダイエットをすることによって栄養バランスが崩れ薄毛が進行することもあるので、きちんと栄養をバランス良く摂ることが重要です。栄養バランスが崩れることによってホルモンバランスが崩れて、生え際の後退を促すこともあります。その他にも、閉経によってホルモンバランスが崩れてM字ハゲを引き起こしてしまうという人も多いです。

さらに、長いあいだゴムで強く縛るような髪型をしていたり、カラーリングやパーマを何度も繰り返したりしていると、生え際が弱くなってしまうこともあります。髪と皮膚を引っ張りすぎるヘアスタイルを頻繁に行なう、何度も強く髪を染めるという人は注意しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です