煙草は女性の髪に悪影響?臭いだけじゃない

身体には悪いとわかっていてもなかなかやめられないのが喫煙の習慣です。女性にとって喫煙のデメリットは、髪の毛に嫌な臭いがつくことが真っ先に思い浮かびますが、それだけではありません。

煙草は女性の毛髪に悪影響を与え、薄毛や脱毛の原因となっています。具体的にどのような影響があるのか知っておくことが必要です。

ハーバード大学による研究で、煙草を吸うと高い確率で特定の男性ホルモンが増えることが分かりました。この男性ホルモンには皮脂をたくさん分泌させる性質があり、過剰な皮脂で毛穴が詰まって、脱毛を促進させてしまいそれが薄毛の原因となってしまいます。

ニコチンは髪を美しく丈夫に保つエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌を妨げたり、体内で分解させてしまったりする働きもあります。煙草は女性のホルモンバランスを崩す大きな原因となっています。

また煙草に含まれているニコチンには、血管の収縮を促す作用があります。喫煙の経験がある人ならば、煙草を吸った後に指先が冷たくなるのを感じたことがあると思います。

頭皮にも同じような影響があり、ニコチンは血管を収縮させて頭皮の温度を下げ、結果として血行が非常に悪くなります。髪をつくる毛母細胞と呼ばれる細胞への血流が悪くなると、頭皮の状態が悪くなり、髪の毛に悪影響が出ます。そして血流が悪くなると発毛や髪の成長に必要な栄養素が十分に頭皮にいきわたらなくなります。

また煙草を吸うこと体内には活性酸素が発生します。体内に発生した活性酸素を取り除くために体内のアミノ酸やビタミンCが奪われて、不足してしまいます。頭皮のビタミンCやアミノ酸が不足すると、頭皮の老化のスピードが加速してしまうのです。

女性の髪への悪影響を食い止めるために禁煙を決意しても、本人の我慢だけではななかなか禁煙は難しいものです。ストレスを溜めすぎないように禁煙パッチや禁煙外来の助けをかりて、上手に禁煙を成功させましょう。

生え際が後退してきた…女性でもM字ハゲになる?

M字ハゲと聞くと男性を思い浮かべる人も多いですが、実は女性でも発症する人がいます。生え際が後退してきたような気がする、と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、男性に比べてM字ハゲはとても例が少ないです。女性は、生え際よりも頭頂部が薄くなりやすいため、生え際が薄くなる人はごく少数だということができます。しかし、全く発症しないというわけではないので注意しましょう。

女性の髪の特徴としては、年齢を重ねるごとに全体的に薄くなっていき、ボリュームが無くなっていくという点が挙げられます。男女で髪のメカニズムが異なっているため、薄くなっていく過程も異なってくるのです。その点では、男性は生え際から後退していくことが多いという特徴があります。

M字ハゲの主な原因は、男性ホルモンの影響です。男性ホルモンのバランスが崩れたり現象してしまうことによって起こります。そのため、女性は生え際が後退することは少ないのです。しかし、加齢によって症状が進行してしまったり、パーマやカラーリングが原因で引き起こしてしまうこともあります。

また、男性に比べてストレスや生活習慣、栄養状態が大きく関係してくるので、生活習慣を見直すことも重要となってきます。また、極端なダイエットをすることによって栄養バランスが崩れ薄毛が進行することもあるので、きちんと栄養をバランス良く摂ることが重要です。栄養バランスが崩れることによってホルモンバランスが崩れて、生え際の後退を促すこともあります。その他にも、閉経によってホルモンバランスが崩れてM字ハゲを引き起こしてしまうという人も多いです。

さらに、長いあいだゴムで強く縛るような髪型をしていたり、カラーリングやパーマを何度も繰り返したりしていると、生え際が弱くなってしまうこともあります。髪と皮膚を引っ張りすぎるヘアスタイルを頻繁に行なう、何度も強く髪を染めるという人は注意しておくと良いでしょう。