頭皮にフケ・痒みが多い時の対処法

健康な髪の毛を作りたい時には、頭皮のコンディションを整えなければなりません。フケが出ていたり痒みを感じたり赤みが現れている時には頭皮が何らかのトラブルを起こしていますので、適切なケアが必要です。

フケがたくさん出ていたり、痒みを感じることが多いという場合には、シャンプーで皮脂を奪い過ぎてはいないかを確認しなければなりません。シャンプーでは頭皮に付着した汚れや皮脂をきちんと落とさなければなりませんが、洗浄力が強すぎるとバリア機能を保つために必要な皮脂まで奪ってしまいます。

そうなれば、頭皮は乾燥してフケが出てきますし、外的刺激に対しても非常に弱くなっていますので、ちょっとしたことに反応してしまいます。髪の毛の成長が弱々しかったり、生成される本数よりも抜ける本数が多いという人は、一度見直した方が良いかもしれません。乾燥も、一時的な症状なら影響は少ないのですが、ずっと続くようでは薄毛や抜け毛の原因になってしまう恐れがあります。

また、皮脂の分泌量が多い人でもフケが見られることがあります。この場合は、分泌された皮脂をこまめに取り除くことが必要であり、分泌量を抑えるためのケアも重要です。皮脂の分泌量は育毛剤でも抑えることができます。

元々脂症の人は顔だけでなく頭皮にも皮脂が分泌されやすいので、食生活や生活習慣を見直すことも忘れてはいけません。どんなに外側からケアを行っても、皮脂の分泌量は体の内側から促されるものですので、内側からのケアも同時に行わなければ効果は限定的です。

フケや痒みに気付いた時には、髪の毛の状態を一度チェックしてみることが大切です。頭皮に何らかの異変が生じている時には、髪の毛にも影響が現れていることが多いものです。

健康な土台作りを目指す時には日頃のシャンプー方法をチェックし、必要があれば育毛用の優しいシャンプーに切り替えます。また、皮脂分泌などの表立った原因がある場合には、必要な成分の含まれている育毛剤でケアを行います。

頭皮が脂っぽくベタつく・赤みを帯びている

頭皮が脂っぽくベタつく・赤みを帯びている、などが気になったときには、爪で頭皮を傷つけていたり、皮脂の分泌量が増えていたり、といったことが考えられます。AGAが直接の原因でなかったとしても、AGAによる薄毛を加速させる原因となる可能性はありますので注意が必要です。

赤みがあって脂っぽくなったり、べたつくときには、脂漏性湿疹の可能性もあります。また、シャンプーの原液をそのまま使って洗ったり、すすぎ残しがあったりすると成分が残ってしまうため、その影響で湿疹ができたり、赤くなったりすることがあります。また、紫外線の影響も考えられます。頭皮も紫外線を浴びれば日焼けします。その結果、炎症がおきたり、乾燥したり、フケが増えるなどの症状が起きることがあります。

AGAは進行性の脱毛症ですから、頭皮の状態が悪いと抜け毛が増えたり、血行が悪くなって症状が悪化したりすることが考えられます。また、頭皮の状態が悪いまま育毛をしても効果は薄いため、結果も期待できません。
まずは頭皮の環境を改善しましょう。

脂漏性湿疹のときには、自分で治すのは難しいですから皮膚科へいきましょう。脂漏性湿疹そのものも薄毛の原因になりますので放置はいけません。

また、脂っぽくなっているからといって、乱暴に洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりするのは避けましょう。皮脂も頭皮にとっては大切なものであるため、取り過ぎてしまうと過剰に分泌されるようになります。マイルドな洗浄力のシャンプーを使って、正しく洗うことが必要です。べたつくからと洗浄力の強いシャンプーを使ってゴシゴシ洗っていると、さらに脂っぽくなってしまう危険性があるので、早めに改善しましょう。

また、洗髪後に自然乾燥されている方は要注意です。湿っている時間が長くなるために雑菌が繁殖し、その影響で頭皮の状態が悪くなっていることも考えられるからです。洗髪後は手早く乾かしたほうが良いですから、自然乾燥はやめましょう。